痩せ菌とデブ菌とは?

今テレビでも取り上げられた、腸内のデブ菌と痩せ菌の存在をご存じでしょうか?

 

デブ菌はファーミキューテス、痩せ菌はバクテロイデーテスというのが本当の名前で、どちらも腸内に住んでいる日和見菌の一種です。

 

その名前の通り、腸内にデブ菌が多いと太りやすくなります。

 

では、なぜデブ菌が多いと太りやすくなってしまうのかというと、デブ菌であるファーミキューテスには消化した栄養素を体内に吸収する役割があるからです。

 

そして、デブ菌が多いと老廃物まで体内に溜めこんでしまいます。

 

反対に痩せ菌には、脂肪の燃焼を助ける働きがあり、腸内に痩せ菌が多いと痩せやすくなります。

 

しかし、太るからといってデブ菌が少なくなりすぎても、今度は栄養が吸収されにくくなり、体に良くありません。

 

デブ菌と痩せ菌の比率は4:6がちょうどいいとされています。

 

デブ菌は脂っこいものや甘いものばかり食べていると増えてしまいます。

 

なのでお肉やケーキなど嗜好性が高いものばかりを食べているとカロリーが高いだけではなく、腸内に住む腸内細菌まで変わってしまい太りやすい体質にまでなってしまうのです。

 

逆に痩せ菌は規則正しく食事を摂ったり、水溶性食物繊維をたくさん食べたると増やせます。

 

理想のメニューでいえば和食です。家庭料理もそうですが外食する時も極力和食料理を選ぶようにすると、お腹の中の環境を変えて少しずつ腸内環境を改善=体質改善へと導くことができます。

 

ただし、同じ甘いものでも、砂糖はデブ菌を増やし、メープルシロップやはちみつは痩せ菌を増やします。

 

デブ菌を減らすには、乳酸菌などをたくさん摂って、腸内環境を整えることです。

 

乳酸菌は腸内を酸性にすることで、悪玉菌を減らして善玉菌を増やします。

 

善玉菌優勢の整った腸内環境になれば、デブ菌と痩せ菌の比率もちょうどよくなります。

 

腸内環境が悪ければ、免疫力が落ちる、便秘になりやすくなるなど健康にもよくありません。

 

食事や生活習慣に気を付けて、健康で理想の体重の体を作りましょう。